手・腕がいたい

HOME > 手・腕がいたい > ばねゆびについて

ばねゆび

症状

ばね指は女性に多くみられる病気です。男性でも、手先をよく使うお仕事をなさる方などに見受けられることもあります。指を曲げて、伸ばそうとすると、指がばねの様になってスムーズに伸びなくなります。ひどい場合には、指が曲がったままになってしまい、反対の手で戻さないと伸びなくなります。この際、曲がった指が元に戻るときに痛みを伴います。

原因

指の使いすぎによる負荷や、動かすときの摩擦によって炎症が進み、腱鞘(腱を包む鞘のようなもの)が肥厚したり、腱が肥大して、通過障害を起こして発症します。

診断

指の付け根に腫脹や圧痛があり、ばね現象があれば診断は容易です。糖尿病、リウマチ、透析患者では、多発性に生じることもあります。

治療

保存療法としては、局所を安静にすること、装具療法、注射、物理療法などがあります。改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。切開するのは腱鞘の一部だけです。小さな傷で済みます。

その他の手・腕の疾患
PAGE TOP