手・腕がいたい

HOME > 手・腕がいたい > 変形性肘関節症について

変形性肘関節症

症状

運動時の痛みが目立ちます。肘の曲げ伸ばしが制限されるほどの痛みや、二次的な神経刺激によるしびれが生じる場合もあります。

原因と病態

スポーツや大工仕事などの肘に負担が大きい動作を続けることや、骨折などの肘関節外傷や、関節炎などの影響が主な原因です。 病態は、骨が関節面に露出し、過剰な骨の突起(骨棘)ができてきます。骨棘が出っ張っているために関節の動きが制限され、さらに進行すると骨棘が折れてかけらとなり、ひじ関節のロッキングの原因となります。

治療

日常生活に支障がなければ、保存療法で治療します。 保存療法には、.三角巾、シーネ・装具などを用いた安静・固定を行います。
また、並行して消炎鎮痛剤の飲み薬や外用薬の使用、関節内注射の実施、.筋力トレーニング・ストレッチングなどを行います。また、温熱療法や電気治療などの物理療法で痛みを緩和することも重要です。

その他の手・腕の疾患
PAGE TOP