手・腕がいたい

HOME > 手・腕がいたい > 手根管症候群について

手根管症候群

症状

初期には示指、中指の先端のしびれや痛みが出ることが多いですが、進行するとその範囲が広がってきます。子の痺れや痛みは明け方に強く商事、手を振ることで楽になります。

原因と病態

特発性が多く、はっきりとした原因は分かっていません。妊娠・出産期や更年期の女性に多く発症します。また、けがをした後や、仕事などで手を酷使する人、透析をしている人などにも起きることがあります。腫瘍や腫瘤でも手根管症候群の症状がでることがあります。

病態

手首にある正中神経が手根管というトンネル内で圧迫され、それに手首の運動が加わって手根管症候群が発症します。

診断

手根管内で神経が圧迫されていると、手首を打腱器などでたたくとしびれや痛みが指先まで響きます(ティネル徴候)。また、手首を曲げた状態を続けると症状がでます(ファーレンテスト)。腫瘤などが疑われる場合は、超音波検査(エコー)が有用です。その他電気生理学的検査等も実施されることがあります。

治療

これらの症状があればまず、整形外科専門医を受診します。治療としては、消炎鎮痛剤やビタミン剤などの薬物治療に加え、シーネ等での固定による局所の安静や神経ブロック療法なども行われます。経過によっては手術(手根管開放術)も実施されます。

その他の手・腕の疾患
PAGE TOP