手・腕がいたい

HOME > 手・腕がいたい > 野球肘について

野球肘

症状

成長期に野球のピッチャーなどでのボールを投げすぎで発症します。投球時、投球後に肘が痛くなり、肘の曲げ伸ばしが困難になり、動かせなくなることもあります。

診断

X線や超音波検査などの画像所見で診断します。

予防と治療

基本的に、保存療法として肘の安静が大切です。痛みを我慢して投球を続けてると、悪化して、症状によっては手術が必要になることもあります。早めの段階でご相談ください。

スポーツへの復帰も主治医の診察のもと、よく相談してからにするようにしてください。

その他の手・腕の疾患
PAGE TOP