全身の疾患

HOME > 全身の疾患 > 運動器不安定症について

運動器不安定症

症状

高齢化により、歩くのが辛くなったり、バランス能力の低下が生じて、閉じこもりや転倒リスクが高まった状態のことを言います。
重症化を防ぐために、正しい診断と専門家による治療が大切です。
運動器障害は徐々に気付かれないまま進行します。

診察

  • 開眼片脚起立時間
  • 5cm上げる運動

開眼片脚起立時間という検査を行います。靴、あるいは素足で滑らない配慮のもと、ある程度の固さのあるしっかりした床の上で行います。転びそうになったら即座につかまれる物のそばで実施します。検者が傍に立ち、倒れそうになったら支える体制でも構いません。
両手を腰に当て、片脚を床から5cm程挙げ、立っていられる時間を測定します。大きくからだが揺れて倒れそうになるか、挙げた足が床に接地するまでの時間を測定します。立ち足がずれても終了とします。
1~2回練習させてから左右それぞれ2回ずつ測定を行い、最もいい記録を選びます。最長2分あるいは3分まで測定した報告がありますが、不安定症の検査としては60秒程度まで測定すれば十分でしょう。 ⇒この検査にひっかかるようでしたら、医師にご相談ください。
また、この診断には一定の基準がありますので気軽に相談してください。

治療方法

運動療法(ストレッチや筋力強化など)や物理療法、装具療法などを行い、身体機能を改善していきます。

その他の全身の疾患
PAGE TOP