全身の疾患

HOME > 全身の疾患 > 骨粗鬆症について

骨粗鬆症

症状

骨の中の骨塩量(カルシウム)が減り、骨の強度が低下して骨がもろくなる病態です。

骨粗鬆症の初期では痛みなどの自覚症状はほとんどありませんが、転ぶなどのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。骨折が生じやすい部位は、背骨、手首の骨、太ももの付け根の骨などです。

また、病状が進んでくると、背中や腰が痛む、背中や腰が曲がってくる、身長が縮んでくるなどの症状が出てくることがあります。

原因

成長完了後も、健常状態では骨は新たに作られること(骨形成)と、溶かして壊されること(骨吸収)を繰り返して均衡を保ち、骨量はほぼ一定に維持されています。骨粗鬆症はこのバランスが崩れることでおこり、骨吸収が骨形成を上回った状態となり、その結果骨量は減少し、骨がスカスカになってきます。骨粗鬆症は圧倒的に女性、特に閉経後の女性に多くみられ、女性ホルモンの減少や加齢と関わりが深いと考えられています。生活習慣やライフスタイルとも密接に関連しています。また、薬剤や内分泌異常などに関係して起こる骨粗鬆症(続発性骨粗鬆症)もあります。

診断

身長短縮や脊柱変形(後弯、円背)の有無をチェックします。特に4㎝以上の身長の短縮や高度の後弯変形がみられる場合は、骨粗鬆症の精査が必要です。

X線(レントゲン)検査で骨折の有無、骨粗鬆化を診断します。脊椎椎体骨折では、疼痛も無く、X線撮影にて初めて骨折を確認される例(いわゆる、いつのまにか骨折)もあります。骨密度測定も骨粗鬆症診断に重要な検査で、当院ではDXA二重X線吸収法という精密な測定方法を行っています。その他、血液・尿検査なども参考となります。

 

治療方法

骨折を予防することを目指し、生活の質の維持向上を図ることが重要です。予防として、食事ではカルシウムを十分にとる、ビタミンD、ビタミンK、リン、マグネシウムをとる、適量のタンパク質をとる、禁煙し、アルコールは控えめにする、運動(歩行や背筋訓練など)や日光浴をするなどが大切です。

骨粗鬆症の治療は、食事療法と運動療法が基本となりますが、適切な薬物療法を組み合わせることによって効果的に骨量を増やし、骨折を防ぎます。骨粗鬆症の薬には内服薬や注射薬など多くの種類があり、それぞれに特徴がありますので、ご相談ください。

閉経後の女性には、整形外科医の定期的な検診をお勧めします。骨粗鬆症かもしれないと思ったら、お気軽に相談してください。

その他の全身の疾患
PAGE TOP