医院公式ブログ

HOME > 医院公式ブログ > カテゴリー

カテゴリー:医院公式ブログ

日本慢性疼痛学会に参加してきました。

理学療法士の段ノ上です。

2月16・17日に大阪で開催された、日本慢性疼痛学会に参加してきました。

慢性疼痛に対する運動療法の効果や慢性疼痛に対してのチームアプローチについて等、興味深い演題・講演・シンポジウムを聴くことができました。

疼痛に対して運動療法の効果があるようですが、負荷量を間違うと疼痛を引き起こすことにつながることもあり、調節が難しいようです。

また慢性疼痛に対しては、医師、看護師、理学療法士以外に心理ケアができるように臨床心理士がかかわるようになってきているようです。

慢性疼痛に対してのかかわり方の仕組みを変えていこうという流れのようです。

少しでも皆様の痛みが減らせるように、サポートしていきたいです。

理学療法士 段ノ上 

投稿日:2018年2月20日
勉強会に行きました

先日、整形リハ学会神戸支部の定例会に行ってきました。
今月は手関節・手指の靭帯の触診とうことで、掌側および背側の靭帯を触診しました。

手関節から手根部の靭帯は細かく、かなり苦戦しました。
手関節・手指の拘縮の治療を行う際にはとても重要であり、触診技術の必要性を再認識しました。
当院でも同様の症状の患者様もおられるので、触診や知識面でのスキルアップをし、患者様に還元できるように頑張ろうと感じました。

  

 

投稿日:2018年1月22日
新年会をしました。 院長

  本年も始まってから早や半月が経ちましたが、先日遅ればせながらクリニックの新年会を開催

  しました。 

                            

   美味しいお肉と楽しい会話で大いに盛り上がりました。

   本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                            

 

投稿日:2018年1月14日
勉強会への参加

先日、12月20日整形リハ学会神戸支部の定例会へ参加してきました。

今回は手関節の中手骨・基節骨・中節骨・末節骨の触診、CM・MP・IP関節の触診でした。

ミニレクチャーのあと触診を行いましたが、細かな部分のため骨に沿って描くことが難しく感じました。

手関節は病院によっては、作業療法士が対応するところもあるようです。

当院では理学療法士が対応しますので、少しでも運動器を安心して受けて頂けるように頑張ります。

投稿日:2017年12月25日
徳島と淡路で研修

11月3~5日の3日間で研修会に行ってきました。

今回、徳島では解剖学を、淡路では「足関節拘縮に対する機能解剖学的評価と治療」という内容で淡路リハビリテーション研究会の研修会に参加してきました。

足関節疾患の評価の重要性や今まで意識したことのない細かい視点からの治療など今後の臨床に活かしていこうと思いました。

 

宮島整形外科クリニック
理学療法士

 

投稿日:2017年11月16日
研修会に参加してきました。

皆さんこんにちは。理学療法士の段ノ上です。

11月4日、5日に福岡で行われた、Hipa研究会の支部長会議・スタッフ講習会に参加してきました。

講習会では患者さんの評価の仕方、治療の考え方、テクニックの使い方について学ぶことができました。

普段お会いすることができない先生方に直接ご指導頂き、大変貴重な経験となりました。

この経験を日々の治療に活かしていきたいです。

PT 段ノ上  

 

投稿日:2017年11月8日
勉強会に行ってきました

先日、18日(水)に整形外科リハ学会神戸支部の定例会に行ってきました。

今回の内容は「手関節の骨の触診」でした。

最初にミニレクチャーで、手関節部の機能解剖や疾患について説明があり、続いて上腕骨・橈骨・尺骨、RCJ・DRUJ・TFCCの触診の講義がありました。

細かい部分も多く難しかったですが、解剖や構造の知識の重要性を再確認することができる講義・実技内容で非常に勉強になりました。

また、毎月当院に来ていただいている吉川先生・稲葉先生にも実技指導をいただきました。

今回の講義や触診を今後の治療にも活かしていきたいと思います。

 

理学療法士

段ノ上

投稿日:2017年10月20日
PAGE TOP