脚が痛い

HOME > 脚が痛い > 足関節捻挫について

足関節捻挫

症状

足関節や足の痛みによって歩きにくくなります。損傷した部分を中心に腫れて皮下出血により色が変わります。時間が経過すると腫れや変色は広い範囲に広がります。靭帯が完全に断裂した場合は、関節が不安定になり、適切な治療を行わなければ後に捻挫を繰り返したり、関節表面の軟骨を損傷したりして、日常生活やスポーツ活動に障害をきたす場合があります。

原因

足関節捻挫は足を内側にひねった状態で、足の甲の外側に体重をかけた際に起こる場合がほとんどです。足関節では図1の前距腓靱帯が損傷されることが最も多い病態です。靭帯の損傷程度によって、捻挫の程度を三つに分けています。靭帯が伸びる程度の損傷をⅠ度捻挫、靭帯の一部が切れるものをⅡ度捻挫、靭帯が完全に切れるものをⅢ度捻挫と定義しています。

診断

足をひねったという訴えがあり、外くるぶし(外果)の前や下に圧痛(押すと痛む)があり、腫れがあればおおよその診断がつきます。 X線(レントゲン)写真で、骨折の有無を確認します。靱帯損傷が高度の場合には、ストレスをかけてX線写真を撮影していましたが、最近では超音波検査(エコー)による診断も、外来で手軽に行えて有用です。

治療方法

応急処置としては、患部を固定して安静にし、冷やして持ち上げて腫れを防ぐこと(RICE処置)が重要です。重症度分類では、Ⅰ度では弾力包帯やサポーターなどの装具、Ⅱ度になると短下肢ギプスによる固定を行います。固定は2~4週間行い、固定除去後から足関節可動域訓練を開始します。Ⅲ度の損傷あるいは足関節への負担が大きいスポーツ選手には手術(一次縫合手術)も考慮されます。以前は重症度により治療方針が決定されていましたが、現在では保存療法が第一選択となることが多いようです。

その他の脚の疾患
PAGE TOP