首が痛い

HOME > 首が痛い > 頚椎症(頚部脊椎症)について

頚椎症(頚部脊椎症)

頚部(首)の脊椎を頚椎といいます。頚椎は重い頭を支え、しかも動きが大きいために加齢による変化がおきやすい部位です。このために椎間板がつぶれて突出したり、椎骨によけいな骨(骨棘)ができたり、椎骨の間の靭帯や関節が分厚くなったりすることを頚椎症といいます。頚椎症はいちがいに病気とはいえず、加齢的な変化だけを意味する場合にも使います。しかしながら、ときにはこれが原因で、首や肩甲骨の周囲、後頭部に痛みなどを生じると、頚椎症は病名となります。

頚椎の椎体の後ろには脊柱管があり、この中を脊髄という脳から直接つながっている神経の幹(頚椎部では頚髄)が通り、そこから左右に神経の枝(神経根)がでて、腕や手の運動神経や知覚神経になっていきます。頚椎から神経根が出ていく出口の孔(椎間孔)が頚椎症によって狭くなり、神経の枝である神経根が圧迫されて症状が出現する状態を頚椎症性神経根症とよび、頚椎症によって脊柱管が狭くなり、神経の幹である脊髄(頚髄)が圧迫、障害されて症状が出現する状態を頚椎症性脊髄症とよびます。

頚椎症性神経根症

症状

初発症状としては頚部痛、肩こり、肩甲部痛などがありますが、典型例では障害された神経根の支配領域(通常は片側の腕や手だけ)の疼痛、しびれ感、筋力低下などが生じます。

原因

加齢変化による頚椎症によって、頚椎の椎間孔が狭くなり神経根が圧迫されて症状が出現します。

診断

上記の症状の評価や、反射テスト、症状の誘発テストなどを行います。単純X線(レントゲン)やCT検査などで頚椎症性変化を評価して診断します。

治療

自然経過は比較的良好で、保存療法(手術をしない療法)を原則とします。消炎鎮痛剤やビタミン剤(神経の傷を修復して元気にするビタミンB12製剤など)の投薬を行います。最近ではプレガバリンという、神経由来の痛みをとる専門的な新薬が使用されることも多くあります。物理療法として温熱・電気治療や頚椎の間欠的介達牽引が有効です。経過により神経ブロック等を実施することもあります。

 

頚椎症性脊髄症

症状

両方の手足がしびれたり、動きが悪くなったりします。ひどくなると箸の使用やボタンの留め外し、字を書くことが不自由になり(巧緻運動障害)、歩行で脚がもつれたり、手すりを持たないと階段が使えない(歩行障害)、さらには排尿や排便の障害(膀胱直腸障害)などの症状がでます。症状の進行は多くの場合ゆっくりですが、転倒などにより急激に悪化することもあるので注意が必要です。

原因

加齢変化による頚椎症によって、頚椎の脊柱管の中にある脊髄(頚髄)が圧迫されて症状がでます。日本人は脊柱管が元々狭い人が多く、脊髄症が生じやすくなります。

診断

上記の症状の評価や反射テストなどを行います。またX線(レントゲン)検査で頚椎症性変化の有無を調べます。しかし、レントゲンには脊髄は写らないので、脊髄や椎間板の状態をみることが出来るMRIは頚椎症性脊髄症の診断には欠かせない画像検査です。

予防

神経症状が悪化するのは、脊髄に無理な力が加わった場合がほとんどです。転倒などの軽微な外傷で症状が悪化する可能性がありますので、転倒などしないように注意します。急激な外力が加わらなくても、日常生活動作の中で軽い外力が繰り返し首に加わると、徐々に症状が悪化する場合があります。特に首を大きく後ろに反らした場合には脊髄の圧迫の程度が強くなるので、日頃から長時間首を後ろに反らす姿勢をとらないように気をつけます。

治療

手術をしない保存療法と、手術療法に大きく分けられます。保存療法では、消炎鎮痛剤やビタミンB12 製剤などの投薬を行ったり、軽症の人では首を保護する頚椎装具の使用が短期的には有効と考えられます。保存療法で効果があるのは症状が軽い時だけで、一般的に日常生活に支障があるような手指巧緻運動障害や、階段昇降に手すりが必要となるような歩行障害がでれば、手術療法が選択されます。手術は首の後ろからする頚椎椎弓形成術や前からする頚椎前方除圧椎体固定術などがあります。

その他の首の疾患
PAGE TOP