当院のリハビリについて

HOME > 当院のリハビリについて

当院のリハビリテーションについて

当院では平成29年3月より理学療法士(PT)が新たに入職し、理学療法士(PT)による個別のリハビリテーションを開始しました。これまでは、マッサージ師によるマッサージを中心とした施術を提供してきましたが、それに加えて、理学療法士が医師と連携し、専門性の高いリハビリテーション治療を提供してまいります。

当院の整形外科リハビリテーションには理学療法士による徒手療法・運動療法、物理療法とよばれる整形外科リハビリの専門機器による治療があります。

リハビリテーション室

理学療法について

当院の理学療法士(Physical Therapist、省略してPTと呼ばれます)は、リハビリテーションの専門家(国家資格)です。近年、整形外科においても非常に有効な治療手段となっています。

一般的にはリハビリテーションとはマッサージ的な意味合いで理解されることも多いのですが、マッサージにとどまらず怪我や痛みなどをお持ちの患者さんに対して、運動療法・徒手療法を行うことで、症状の改善をめざして治療をします。

当院では、個別にリハビリテーションを実施するため、医師の診察時間だけでは対処できない部分までしっかりと治療を提供させていただきます。

理学療法士によるリハビリ治療の流れ

①医師の診察・処方

医師が診察をし、理学療法が必要と判断されたら、理学療法士によるリハビリテーションの処方をします。

          

②理学療法士による評価・治療計画立案

初回は、疾患や症状の根本的な原因がどこにあるのかを評価し、治療計画を立案します。

          

③治療の実施

治療計画をもとに、それぞれの方の症状や状態に応じた治療を実施します。

          

④終了・次回の予約

当院は予約制で実施しており、次回予約を取って終了となります。

通院頻度は症状や時期によってご相談させていただきます。特に初期の段階は、定期的なリハビリが早期の症状改善にとって重要です。

 

理学療法士によるリハビリテーションについてご質問などありましたらお気軽にご相談ください。

お問い合せはこちら TEL:079-441-4722

マッサージについて

マッサージは、痛みやコリがある場合に受けていただきます

身体の各部に痛みやコリが発生する要因はなんでしょうか?同じ姿勢を長時間続けていると(長時間の運転、デスクワーク、悪い姿勢、激しいスポーツなど)、筋肉の中の酸素量が少なくなり、筋肉内に痛み物質や疲労物質が蓄積してしまいます。
そうすると、筋肉が硬くなり、痛みやコリなどの原因となってしまいます。疲れて硬くなってしまった筋肉は血流が悪くなり、筋肉中に溜まった乳酸がスムーズに流れず、悪循環となってしまいます。

当院では、マッサージセラピストが患部を揉みほぐし、硬くなっている筋肉、過度の緊張状態にある筋肉を弛緩させます。

マッサージにより凝り固まっていた部分の血行が良くなるので、痛み物質、疲労物質が取り除かれ、痛みやコリ症状を改善することにつながります。
また、筋肉が弛緩することで、血液・リンパ液の循環も改善されることで、神経・内分泌、内臓の働きにも効果があります。

マッサージはコリ・痛みの軽減だけでなく、姿勢の改善にも効果が期待できます。それにより、体のむくみや冷え症にも効果がある場合があります。

専門のマッサージセラピストが施術を行うため、安全に効果的にマッサージを受けていただくことが可能です。

物理療法

物理療法とは、リハビリ専門機器による刺激を加えることで筋肉の血行促進、緊張の緩和によって痛みの緩和を行うものです。

リハビリテーション室

当院では様々な物理療法機器を取り揃えておりますので、患者さんの状態に合わせた物理療法機器による治療を提案いたします。

頸部・腰部牽引機器

リハビリテーション室

外傷や、加齢、筋力低下によって脊椎の骨の隙間が狭くなることがあります。そうなると神経を圧迫して痛みやしびれ症状をきたすことがあるため、狭くなった椎間孔を広げることにより、それらの症状の緩和を目指します。

電気治療(干渉波・SSP)

筋肉に電気刺激を与え、緊張を緩和させます。緊張している筋肉は血流が悪くなり痛みが生じます。そこで、電気刺激を繰り返すことで血流が改善されます。血流の改善により、痛み物質や疲労物質が取り除かれることで、痛みの緩和、コリの改善といった効果が期待できます。

ウォーターベッド

リハビリテーション室

水による圧刺激により全身の組織を弛緩させ、血流・筋肉のコリの改善につながります。心身のリフレッシュにも効果的です。

温熱療法(遠赤外線、ホットパック)

筋組織を温めることで、精神的なリラックス効果、痛みの緩和につながります。

PAGE TOP