肩が痛い

HOME > 肩が痛い > 肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)について

肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)

症状

肩を動かすと痛い、何もしていなくても肩が痛い(安静時痛)、夜にズキズキ痛み、ときに眠れないほど痛い(夜間痛)、以前動かせたように肩が動かせなくなっているなどの症状があり、肩関節周囲の筋肉などの組織に原因があるものを五十肩といいます。このような病態は、人生五十年といわれていた江戸時代に既に「五十肩」と呼ばれていましたが、現代でも通称として使われています。

原因

中年以降、特に50歳代以降に多くみられます。関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱の老化により炎症が起きることが主な原因といわれています。肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節包が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)。

診断

圧痛の部位や肩関節の動きの状態などをみて診断します。肩関節におこる痛みには、いわいる五十肩である肩関節の関節包や滑液包(肩峰下滑液包を含む)の炎症のほかに、上腕二頭筋長頭腱炎、石灰沈着性腱板炎、肩腱板断裂などがあります。
これらは、X線(レントゲン)撮影、関節造影検査、MRI、超音波検査などで区別します。

治療方法

自然に治ることもありますが、放置すると日常生活が不自由になるばかりでなく、関節が癒着して動かなくなることもあります。痛みが強い時(急性期)は、三角巾・アームスリング(腕や手を固定するもの)などで安静を計り、消炎鎮痛剤の内服や外用、肩関節内注射などが有効です。急性期を過ぎたら、温熱療法(ホットパック、入浴など)や運動療法(拘縮予防や筋肉の強化)などのリハビリを行います。これらの方法でも改善しない場合には、手術療法(関節鏡など)を勧めることもあります。

その他の肩の疾患
PAGE TOP