肩が痛い

HOME > 肩が痛い > 胸郭出口症候群について

胸郭出口症候群

症状

腕を挙げる動作で腕~手先までのしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じます。しびれ、ビリビリした感じなどの感覚障害に加え、手の握力低下と細かい動作に障害がでます。

原因と病態

上肢やその付け根の肩甲帯の運動や感覚を支配する腕神経叢と鎖骨下動脈が、周辺の組織に圧迫されたり、牽引されて生じます。

診断

なで肩の方や、重いものを持ち運ぶ仕事をしていて、前述の症状があれば、胸郭出口症候群の可能性が高いと思われます。腕神経叢部を押すと上肢に放散する痛みを生じます(ティネル徴候)。

予防と治療

  • 予防
    仕事や生活習慣において負担のかからない姿勢を認識し、症状を引き起こしたり、悪化させるような動作を避ける必要があります。上肢を挙上した位置での仕事や、重いものを頻回に持ち上げるような運動や労働、重いリュックサックを背負うことも避けなければなりません。
  • 治療
    症状が軽いときは、上肢やつけ根の肩甲帯を吊り上げている筋(僧帽筋や肩甲挙筋など)の強化訓練を行なうことも有効です。姿勢が悪い症例には肩甲帯を挙上させる装具を用います。消炎鎮痛剤やビタミン剤などの投与も行なわれます。温熱療法などの理学療法や神経ブロックなども行われることがありますが、保存療法が無効な場合は手術療法も考慮されます。
その他の肩の疾患
PAGE TOP