肩が痛い

HOME > 肩が痛い > 腱板断裂(損傷)について

腱板断裂(損傷)

症状

肩の腱板とは、腕の骨(上腕骨)と肩甲骨をつなぐ板状の腱で、腕を上げたり下げたりするときに、上腕骨頭が肩甲骨の関節窩という面とずれないように保つ働きがあります。これは一つの腱ではなく、前方の肩甲下筋腱、上方の棘上筋腱、後方の棘下筋腱、後下方の小円筋腱の4つの筋群からなる1つの機能的なユニットとして、肩関節の支点を保つ働きをしています。肩腱板断裂では肩の運動障害や運動痛、夜間痛を訴えますが、夜間痛で睡眠障害があることが受診する一番の理由です。また、腕を挙げるときに力が入らなくなります。夜間痛が消えた後も、腕を上げておろすときに痛みがでたり、引っかかってうまくおろせないなどの症状(インピンジメント)があります。腱板断裂の多くは50歳以上の男性の右肩で好発します。また高齢者では、断裂があるにもかかわらず無症状で経過しているような場合もみられます。

原因と病態

腱板断裂の原因は、転倒時に肩を強く打ったり、ひねったりしたときに生じる外傷性のもの(外傷性断裂)と、はっきりとした外傷や誘因が無く発症するもの(変性断裂)があります。加齢に伴い腱板の機能が低下(腱板の老化)したり、周囲との擦れが強くなると腱板断裂は発生しやすくなります。約半数ははっきりしたイベントが無く断裂が起きたり、男性(特に大工仕事などの方)の右肩に多いことから、使いすぎが原因となっていることが推測されます。

診断

問診で外傷歴の有無や発症機転、安静時痛、夜間痛の有無、症状の出やすい肢位、職業や生活環境などを聞くことが大切です。診察では、肩が挙上できるかどうか、肩を挙上して肩峰の下で軋轢音があるかどうか、肩の引っかかり感や脱力(腕を上げるときに力が入らない)、肩の筋の萎縮の有無などで診察します。X線(レントゲン)やMRI検査などの画像所見も有用です。最近では、外来で簡単に実施できる超音波検査(エコー)で診断することも可能となってきました。

肩腱板断裂の患者さんでも、長期にわたり五十肩と診断されていることがあります。五十肩では腕が上がらないだけではなく、肩の動きが上にも横にも後ろにも強く制限されることが多く、腱板断裂の症状と異なります。また五十肩では1年以上痛みが続くことはまれなので、肩腱板断裂が疑われます。

治療

腱板断裂があっても、すべて手術が必要であるわけではありません。単発外傷による腱板断裂(外傷性断裂)は、速やかな手術的修復で機能の回復が図れることが多いですが、多くの変性断裂では、まず保存療法で症状をとる目的の治療を選びます。肩痛、引っかかり感や脱力(腕を上げるときに力が入らない)などの症状がある場合に治療を開始します。

  • 保存療法
    痛みが強い場合は三角巾で1~2週安静にします。断裂部が修復することはありませんが、70%は保存療法で症状が改善します。夜間痛などの痛みに対しては注射療法を行ったり、消炎鎮痛剤の内服や外用を行います。強い痛みや安静時痛がとれてから、肩の動きを良くするリハビリや、切れないで残っている腱板の働きを改善する運動療法などのリハビリも開始します。
  • 手術療法
    保存療法で肩関節痛と運動障害が治らないときは、手術を行ないます。この場合は、適切な医療機関へ紹介させていただきます。手術後は、約4週間の固定と2~3ヵ月の機能訓練が必要です。
その他の肩の疾患
PAGE TOP