腰が痛い

HOME > 腰が痛い > 慢性腰痛症について

慢性腰痛症

症状

腰の痛みが3か月以上持続するものを慢性腰痛症といいます。鈍く重苦しい痛みや、「ズキズキ」、「ジーン」といった鈍い痛みであることが多いようです。不快な痛みが慢性的に続いたり、痛みが軽くなったり強くなったりと繰り返したりを繰り返したり、徐々に痛みが増強していく場合もあります。痛みのほかに、こり、張り、重さなどの不快感を感じることもよくあります。

予防

普段からの運動習慣を持つことや、ストレスをためこまないようにすることが重要です。

治療

診断で原因がはっきりと分かるものとわからないものがあり、治療が異なります。

  • 原因がはっきり分かる場合
    腰椎の障害であり、椎間板症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症、変形性腰椎症、脊椎側弯症、骨粗しょう症などの疾患があります。これらは、服薬・注射・リハビリなどで治療をしていきます。重症な場合は手術を行う必要があることもあります。
  • 原因がはっきりとわからないもの
    X線やMRIでなどでもはっきりと異常が分からない場合があります。このようなときは、心理的なストレスが痛みに関連している場合や、内臓の病気などによるものが疑われます。このような場合には、適切な医療機関をご紹介させていただくことがありますが、まずは整形外科を受診して診察を受ける必要があります。
その他の腰の疾患
PAGE TOP