脚が痛い

HOME > 脚が痛い > オスグッド病(こどもの障害)について

オスグッド病(こどもの障害)

症状

小学校高学年くらいから、高校生くらいまでに多く発症する膝の関節痛です。膝のおさら(膝蓋骨)の少し下の骨の部分(脛骨粗面部)が、ポッコリ膨らんで、押すと痛かったり(圧痛)、走ったり、ジャンプしたり、屈伸すると痛むのが特徴といえます。

原因

成長期の骨の柔らかい時期(骨端線という成長軟骨が存在する)に、激しい運動をすることで膝を伸ばす筋肉(大腿四頭筋)の付着部分(脛骨粗面部骨端核)が引っ張られ、循環障害や壊死などにより脛骨粗面部の成長軟骨(骨端軟骨)が開大したり、骨が隆起して、剥がれてしまったりして炎症が起こります。

診断

診断は特徴的な上記症状と脛骨粗面部の圧痛である程度可能ですが、X線(レントゲン)検査を行い、同部の成長軟骨(骨端線)の開大や隆起骨片の遊離などをみることで確定します。

治療方法

成長期の一過性の病気で、成長が終了すると、多くは治癒します。痛みが強い時期はスポーツを控えることが大切です。上記の症状を強くさせないためには、大腿四頭筋のストレッチングやアイスマッサージなどを行い、痛みが強いときは消炎鎮痛剤の内服や外用薬を使用します。
大腿四頭筋のストレッチング 大腿四頭筋のストレッチング アイスマッサージ アイスマッサージ
発症後3~6ヵ月は運動をすると症状が強くなるので、スポーツ前後に上記ストレッチングやアイスマッサージを行い、オスグッド病用のベルトの装着などをした上でスポーツすることをお勧めします。
また、成長終了後(骨端線閉鎖後)にも症状が続く場合があります。このような場合はX線上遊離骨片を残すことが特徴で、痛みが強い時は手術的に骨片を摘出することもあります。

その他の脚の疾患
PAGE TOP