脚が痛い

HOME > 脚が痛い > 外反母趾について

外反母趾

症状

外反変形は母趾の付け根の関節(MTP 関節)で生じます。足の親指(母趾)が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、MTP関節の内側の突き出したところが腫れて痛みます。その突出部が靴に当たって炎症(滑液包炎)を起こし、ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。靴の歴史が長い欧米人に多い病気でしたが、最近では日本でも急速に増えています。

原因

最大の原因は靴を履くことで、幅の狭いつま先が細くなった靴を履くと親指の付け根から先が圧迫されて変形します。ヒールの高い靴は付け根にかかる力が増えてさらに変形を強くします。足の筋肉の発達不全や筋力低下も原因となります。靴で足を覆い、足指を使って踏ん張らず、指のつけ根で歩いてしまうので足底筋群が発達せず、親指が曲がってしまうのです。 また、ゆるい靴やヒール、パンプスなど、「脱げやすい靴」は外反母趾の原因になります。脱げやすい靴を履いているときは、脱げないように無意識のうちに足指を上げたり、指を縮めて歩いてしまいがちだからです。指の浮いた状態だと当然指の力が地面に伝わらず、その分親指のつけ根への衝撃が大きくなり、親指のつけ根の骨が出っ張る外反母趾になってしまうのです。 そして、先の細いヒールやパンプスなどの靴はさらに足を痛めつけます。先の細い靴は左右から親指と小指を圧迫し、足指の踏ん張る力を制限してしまうので、ますます筋肉が弱まり、外反母趾が悪化します。

診断

変形は見た目に明らかで、痛みの程度が問題になり、母趾内側の飛び出しを指で押すと痛む、靴を履いたときに痛む、靴を脱いでも痛むなどに程度が分けられます。

治療方法

保存療法としては、なるべく母趾のつけ根はフィットして先はゆったりとしたヒールの高くない靴を履くことを勧めます。運動療法として、足の指のすべてを開く(グ、チョキ、パー)ような外反母趾体操を毎日行ったり、両足の母趾に輪ゴムをかけて足先を開く体操を行います。装具療法では、中足パッド付きの足底板を装着したり、母趾と第2趾の間に装具をはめるなどの方法もあります。

  • 外反母趾体操 外反母趾体操(足の指を開く運動)
  • 外反母趾用装具 外反母趾用装具

外反母趾手術の前後像 外反母趾手術の前後像

変形が進むと指についている筋肉も変形を助長するように働き、体操や装具ではもとに戻りにくくなります。痛みが強く、靴を履いての歩行がつらくなると手術をします。 外反母趾の手術法にはいろいろありますが、最も一般的なのは中足骨を骨切りして矯正する方法で、変形の進行の程度により方法を選んで行っています。手術は腰椎麻酔か局所麻酔下に1時間以内で、翌日から歩行が可能です。従来の靴が履けるようになるのには2ヵ月間ほどかかります。

その他の脚の疾患
PAGE TOP