腰が痛い

HOME > 腰が痛い > 腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニア

症状

腰や殿部に痛みがあったり、下肢にしびれや痛みが放散したりします。また、足に力が入りにくくなる場合もあります。

  • 原因と病態
    脊椎のクッションとなる椎間板と呼ばれる構造物の一部(髄核)が突出してきて、神経を圧迫して症状が出ます。加齢などにより変性して起こることが多いです。また、悪い姿勢を続けたりすることや、喫煙なども要因の一つです。

診断

医師による徒手的な検査と、X線(レントゲン)撮影、MRIなどの検査を合わせて行い、診断を確定します。ただし、MRI画像で椎間板が突出していても、症状が無い場合もあります。

治療

痛みが強い時期には安静を心がけ、コルセット等をつけます。また、温熱療法や消炎鎮痛剤内服、坐薬の使用、神経ブロック(神経の周りに痛みや炎症を抑える薬を注射する)などを行い、痛みを緩和します。痛みが軽くなれば、腰椎牽引や運動療法を開始します。これらの方法でよくならない場合や、直腸膀胱傷害などがある場合には手術を考慮することもあります。

その他の腰の疾患
PAGE TOP