腰が痛い

HOME > 腰が痛い > 腰部脊柱管狭窄症ついて

腰部脊柱管狭窄症

症状

しばらく立っていたり、歩行を続けていると、腰部から下や下肢に重だるさ感やつっぱり感、しびれや痛みを感じて、長い距離歩けなくなることが主な症状です。前かがみや腰かけて休むと症状が軽くなり、また歩けるようになる(間欠(かんけつ)跛行(はこう))のが特徴です。

また、安静にしていると症状がほとんど無く、自転車では楽に移動できるので、それほど不便を感じないで放置しているうちに、足腰の筋力が低下してしまう恐れがあります。歳のせいだろうと軽く思わずに、まずはご相談ください。

原因

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊椎のトンネルで、中を脊髄の神経が通ります。年をとると背骨(椎体)が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって脊柱管が狭くなり(狭窄)、それによって脊髄神経が圧迫を受けて、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

予後

神経の圧迫は腰をまっすぐに伸ばして立つと強くなり、前かがみになると和らぐので、歩くときは杖を使用したり、シルバーカー等を押して、腰を少しかがめるようにすると楽に歩けます。

治療方法

大きく分けて保存療法(手術をしない療法)と手術療法の2つがあります。重症の場合を除き、保存療法から治療を開始します。保存療法には薬物療法、物理療法、運動療法、神経ブロック療法(局所麻酔薬を用いた治療法)などがあります。痛みや歩行障害が重度となり、日常生活に支障が出てくる場合には手術療法を行うことがあります。

その他の腰の疾患
PAGE TOP