医院公式ブログ

HOME > 医院公式ブログ

ブログ記事一覧

障害予防教室

障害予防教室を始めました。

当院では学生の患者様も来院されますが、その多くが部活動をしている際の怪我やスポーツ障害によるもので、そういった学生を少しでも減らし、部活動やスポーツ活動を楽しんでできるようサポートできればと思い障害予防を始めることにしました。

先日、当院スタッフの母校の高校でスポーツ障害予防教室を行いました。

今回は高校生に対してスポーツ障害とストレッチの重要性や実際のストレッチ指導という内容で、皆真剣に何より楽しそうにストレッチを行いました。

初めての試みでしたが、スポーツをしている学生の中には充分なストレッチが出来ていない学生も多く、実際に実施して障害予防の重要性を改めて感じました。

今回協力していただいた先生方、並びに学生さんには心より感謝いたします。

今後は、色々な年代の学生さんやクラブチームなどにも障害予防の大切さや実際の予防方法などを伝えていけたらと思います。

 

理学療法士 一同

投稿日:2019年12月10日
解剖実習に参加

先日、他県で行われた解剖学実習に参加してきました。

普段は患者様に対してリハビリを実施する中で、骨・筋肉・神経・関節を表面的に触れていますが、解剖学実習を通して筋肉・神経の走行や関節の構造や形態を確認することが出来ました。

教科書や参考書などの2次元での捉え方ではなく、実際に3次元で捉えることで、より解剖的理解を深めることができ、機能面への応用にもつなげていけると感じました。

今回の実習の経験を今後のリハビリに活かして、患者様に還元していけるように取り組んでいきたいと思います。

 

理学療法士 桂

投稿日:2019年10月29日
勉強会に行って来ました!

肩関節周囲の筋の触診勉強会に参加してきました!

先日、理学療法士一同で整形外科リハビリテーション学会の定例会に参加してきました!

今回の勉強会では肩関節の腱板筋群の触診を学びに行きました。腱板筋群のみならず、神経の触診も同時に行いました。

腱板筋群の各筋についてもいくつかの線維に分けられるものもあり、線維一つ一つは肩関節の角度によって働きが変わってくることを理解しながら触診を学ぶことができました!

今回の勉強会で学んだ、肩関節腱板筋群の触診と機能についてより深く理解し、治療技術を発展させ、患者様の早期疼痛改善につなげられるように努めていきたいと思います。

     理学療法士 桂、段ノ上、角屋、澁谷

 

投稿日:2019年9月21日
実習生がきていました!

8月の前半に専門学校、大学から実習生がきていました。

今回は検査・測定実習と見学実習ということで1週間指導を行いました。

リハビリの見学や、実際に患者様に検査を行う内容で、実習生は緊張からコミュニケーション不足な場面がみられましたが、一生懸命に取り組んでいました。

実習を通じて、自分の治療について言葉にして学生に伝えることの難しさを感じ、患者様の治療について客観的に自分の知識や治療内容などを再考するいい機会にもなりました。

学生をみて懐かしく感じ、初心を忘れず日々向上心を持って頑張っていこうと感じました。

ご協力いただいた患者さまには深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

理学療法士 桂、段ノ上、角屋、澁谷

投稿日:2019年8月20日
消防訓練を行いました

先日、毎年行っている院内での消防訓練を行いました。

専門家の立会いの下、119番への通報訓練や、消火器を使った消火訓練を行いました。通報訓練では、通報時の実際の質問をしていただき、冷静な状況判断が必要であると感じました。消火訓練では、消火器を用いて火柱を想定して消火訓練を行い、初期消火の重要性を知ることができました。

今回の消防訓練から、まずは職員一同が防災の意識を持つことが重要であると感じました。そして、万が一の際にスムーズな対応ができるように今回の経験を職員で共有しておきたいと思います。

職員一同

  

 

投稿日:2019年6月29日
通所リハビリモニター会を行いました!

先日、ケアマネージャーを対象とした通所リハビリのモニター会を院内で行いました。

はじめに当院の説明と通所リハビリの流れについての説明を行い、その後にリハビリ体験をしていただきました。

リハビリ体験では、参加いただいたケアマネージャー様全員に実際に理学療法士によるリハビリと、低周波や牽引といった物理療法を体験していただきました。皆さん肩こりや腰痛で悩んでおられ、その悩みに対してリハビリを行わさせていただき、日ごろのデスクワークの疲れを癒されていました。

リハビリを行うにつれて、理学療法士やスタッフとの会話も弾み、肩こりと共に緊張感もほぐれて和やかな雰囲気で会を行うことができました。この和気あいあいとした和やかな雰囲気でリハビリができるのも当院の魅力です!

今回のモニター会で、ケアマネージャー様と交流し、当院の通所リハビリについて知っていただくことができました。これからも通所リハビリや外来治療を通じて地域医療に貢献できるように努力していきたいと考えています。

この度は参加していただいたケアマネージャーの皆様、お忙しい中本当にありがとうございました。

    

理学療法士 桂、澁谷

投稿日:2019年5月31日
肩関節周囲の骨の勉強会に参加してきました

先日、理学療法士一同で肩関節周囲の骨の触診の勉強会に参加してきました。

今回の勉強会は、肩関節周囲の骨ということで、肩甲骨や鎖骨、上腕骨などの肩関節を構成する骨の触診を行いました。骨の触診は、肩関節の治療を行う上で筋肉や靭帯の付着する場所になるので、改めてしっかりと確認し、触診のポイントなどを学ぶことができました。

今回の勉強会で学んだ肩関節周囲骨の触診の技術は、治療を行う上で基本になるため、さらに触診の技術を高めて、肩関節疾患でお悩みの患者様に還元できるように努力していきたいと思います。

 

理学療法士 桂、段ノ上、角屋、澁谷

投稿日:2019年5月16日
特別講師として高校へ授業をしてきました。

先日、特別講師として高校で授業をさせて頂きました。

「理学療法士とは…」といった題目で高校生へ向けて、理学療法士について様々な話や実技をした後に、高校生と実技を一緒に行いました。

どのような患者さんに対して、どのような治療を行うのか、理学療法とは何かを知ってもらいました。

高校生に理学療法を体験してもらいました。身体の一部分を押えるだけで筋肉の収縮を抑制させる治療を楽しく体験してもらうことができました。

実際に体験することで、理学療法の凄さや面白さを感じてもらえたと思います。

今回このような機会を経験し、人に伝えることの難しさをより痛感しました。

高校生に伝えることが難しいなら、患者様に対しても細かい説明になってしまい分かりにくかったり、伝わりきれていない事があったのではないかと感じました。今後の治療にあたっても、より一層患者様の事を考えて言葉を選び、治療やホームエクササイズの説明を行っていきたいと思い、自分にとっても良い経験をさせていただきました。

この機会で高校生が理学療法士ってすごいな、なりたいなと少しでも思ってくれれば、うれしく感じます。

              理学療法士   角屋

 

投稿日:2019年3月4日
実習生が来ていました

先日、大学から実習生が当院に来ていました。

今回は検査・測定実習ということで、2週間指導を行いました。

リハビリの見学や実際に患者様に検査を行うといった内容の実習で、実習生は緊張しながらも一生懸命実習に取り組んでいました。

今回のような学生指導を行うことで、自分の考えや現在行っているリハビリ内容などを言葉にする難しさや、客観的に自分の知識や治療内容などを再考するいい機会にもなったと感じました。

私たちも「数年前はこんな時があったな」と懐かしくも感じ、初心を忘れず日々向上心を持って頑張ろうと改めて感じた2週間でした。

ご協力いただいた患者様には深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

PT 桂、段ノ上、角屋、澁谷

 

 

投稿日:2019年2月26日
股関節周囲筋の触診の勉強会にいってきました

股関節周囲筋の触診勉強会に参加してきました。

先日、理学療法士一同で整形外科リハビリテーション学会に参加してきました。

今回の勉強会は、股関節周囲筋の触診を学びに行きました。筋ならびに隣接する神経も触診し、触診と共に治療を勉強してきました。股関節周囲には様々な筋肉や神経があり、痛みの原因となる組織を特定するために必要な触診のポイントなどを学ぶことができました。

今回の勉強会で学んだ股関節周囲筋痛みについて対する理解をさらに深め、治療技術を患者様の痛みの原因に合わせて実施し、早期の痛み改善につなげられるように努力していきたいと思います。

 

理学療法士 桂、段ノ上、角屋、澁谷

 

投稿日:2019年2月22日
PAGE TOP