医院公式ブログ

HOME > 医院公式ブログ > カテゴリー

カテゴリー:未分類

特別講師として高校へ授業をしてきました。

先日、特別講師として高校で授業をさせて頂きました。

「理学療法士とは…」といった題目で高校生へ向けて、理学療法士について様々な話や実技をした後に、高校生と実技を一緒に行いました。

どのような患者さんに対して、どのような治療を行うのか、理学療法とは何かを知ってもらいました。

高校生に理学療法を体験してもらいました。身体の一部分を押えるだけで筋肉の収縮を抑制させる治療を楽しく体験してもらうことができました。

実際に体験することで、理学療法の凄さや面白さを感じてもらえたと思います。

今回このような機会を経験し、人に伝えることの難しさをより痛感しました。

高校生に伝えることが難しいなら、患者様に対しても細かい説明になってしまい分かりにくかったり、伝わりきれていない事があったのではないかと感じました。今後の治療にあたっても、より一層患者様の事を考えて言葉を選び、治療やホームエクササイズの説明を行っていきたいと思い、自分にとっても良い経験をさせていただきました。

この機会で高校生が理学療法士ってすごいな、なりたいなと少しでも思ってくれれば、うれしく感じます。

              理学療法士   角屋

 

投稿日:2019年3月4日
実習生が来ていました

先日、大学から実習生が当院に来ていました。

今回は検査・測定実習ということで、2週間指導を行いました。

リハビリの見学や実際に患者様に検査を行うといった内容の実習で、実習生は緊張しながらも一生懸命実習に取り組んでいました。

今回のような学生指導を行うことで、自分の考えや現在行っているリハビリ内容などを言葉にする難しさや、客観的に自分の知識や治療内容などを再考するいい機会にもなったと感じました。

私たちも「数年前はこんな時があったな」と懐かしくも感じ、初心を忘れず日々向上心を持って頑張ろうと改めて感じた2週間でした。

ご協力いただいた患者様には深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

PT 桂、段ノ上、角屋、澁谷

 

 

投稿日:2019年2月26日
股関節周囲筋の触診の勉強会にいってきました

股関節周囲筋の触診勉強会に参加してきました。

先日、理学療法士一同で整形外科リハビリテーション学会に参加してきました。

今回の勉強会は、股関節周囲筋の触診を学びに行きました。筋ならびに隣接する神経も触診し、触診と共に治療を勉強してきました。股関節周囲には様々な筋肉や神経があり、痛みの原因となる組織を特定するために必要な触診のポイントなどを学ぶことができました。

今回の勉強会で学んだ股関節周囲筋痛みについて対する理解をさらに深め、治療技術を患者様の痛みの原因に合わせて実施し、早期の痛み改善につなげられるように努力していきたいと思います。

 

理学療法士 桂、段ノ上、角屋、澁谷

 

投稿日:2019年2月22日
膝関節にまつわる筋肉の触診の勉強会に行ってきました

先日水曜日に整形外科リハビリテーション学会神戸支部定例会に参加させて頂きました。

 

今回は膝関節にまつわる筋・組織の触診を勉強してきました。

膝関節の曲げ伸ばしの運動の中に様々な組織の動きや筋の働きがあるため、正しい触診技術が必要であることを再認識しました。

今までの触診勉強会でしてきたものを復習しながら、筋肉の形状、脂肪組織を触診し、学んできました。

膝関節周囲をより正確に触診できるよう、まだまだ勉強や練習が必要だと感じました。

当院では変形性膝関節症の患者様は多いため、これからの臨床に非常に活かすことのできる勉強会でした。

次回の整形外科リハビリテーション学会神戸支部定例会には10/17㈬に開催される勉強会に参加してきます。

理学療法士:桂、段ノ上、澁谷、角屋

  

投稿日:2018年9月20日
淡路リハビリ研究会の勉強会に参加してきました

先日の連休の日曜日に淡路で勉強会に参加してきました。

テーマは「肩関節の機能解剖学的触診技術」でした。

午前中は肩甲骨周囲の骨・靭帯・筋肉の触診が中心で午後からは上腕骨周囲の骨・靭帯・筋肉の触診を学びました。

肩関節周囲は複雑な構造で、触診も難しい部分も多く、まだまだ勉強や練習が必要だと感じました。

当院では肩関節周囲炎の患者様も多く、日々の臨床に非常に活かすことのできる勉強会でした。

次回は9月30日(日)に淡路で「肩関節障害の基礎と臨床」というテーマで開催される勉強会に参加してきます。

投稿日:2018年9月19日
膝の靭帯に関する勉強会に参加してきました

 先日、整形外科リハビリテーション学会神戸支部定例会に参加してきました。

今回は、膝関節周囲の靭帯についての勉強会で膝蓋骨(膝のお皿)の動きに関するミニレクチャーと膝関節周囲の靭帯の触診について学んできました。

膝蓋骨の動きに関するレクチャーでは、膝の曲げ伸ばしをする際の膝蓋骨の動きの重要性やその周囲の靭帯の役割についてさらに詳しく知ることができました。

膝周囲の靭帯の触診では、靭帯が糸のように細く見つけにくいものもありましたが、講師の先生方にポイントを教えてもらいながら触診することができました。

今回の勉強会でえた知識を膝の痛みや動きづらさでお悩みの方に還元できるように、理解をふかめ、触診技術の向上に努めたいと思います。

                   

 

投稿日:2018年7月19日
消防訓練を行いました

先日、院内で消防訓練を行いました。

専門家のご指導の下、消火器を使った初期消火訓練や消防署への通報の練習を行いました。

消火訓練では、消火器の使用手順などを教えていただき、実際のシチュエーションを想像しながら消火の練習を行いました。通報の練習では、実際に通報した際と同様の質問をしていただき、的確に被害の情報などを伝えられるように練習を行いました。

消防訓練を通じて、まずは防災への意識をしっかり持ち、もしも火災が発生した際に患者様の避難誘導を最優先に考え、スムーズな対応ができるように職員一同で情報を共有していきたいと思います。

                                                          職員一同

 

投稿日:2018年7月3日
股関節に関する勉強会に参加してきました

先日、理学療法士一同で淡路島リハビリテーション研究会の股関節セミナーに参加してきました。

今回の勉強会は、股関節の機能解剖学的解釈と運動療法に関する内容でした。股関節は、膝や腰と隣接しており、股関節の問題が他の関節に影響を及ぼすため、機能解剖学的解釈を理解していることの重要性を再認識することができました。実技では股関節周囲の筋の触診やリラクゼーションの方法を学びました。

今回の勉強会で学んだ内容は、股関節でお悩みの方だけでなく、膝や腰でお悩みの方にも応用できるものであり、とても有意義な勉強会でした。今回学んだものを患者様に還元し、より良いリハビリを行えるように頑張りたいと思います。

      

理学療法士 桂、段ノ上、角屋 澁谷

投稿日:2018年6月4日
肩関節に関する勉強会に参加してきました

 

理学療法士の澁谷です。

先日、兵庫運動器リハビリテーション勉強会の定期勉強会に参加してきました。

今回は肩の腱板断裂に対するリハビリテーションについて、座学と実技を行い勉強してきました。

座学では、肩周辺の筋肉や骨の仕組み、治療を考える上での評価方法などの講義をしていただき、実技では治療を行う際のポイントや注意点を教えていただき、自分自身の肩でも治療の効果を実感することができました。

今回の勉強会で学んだ評価方法や治療技術は、五十肩でお困りの方にも応用できるものでした。今回で学んだことを活かし、肩に痛みのある患者様の改善につなげられるようにこれからも勉強していきたいと思います!

                                                   理学療法士 澁谷

 

      

投稿日:2018年5月31日
勉強会に行ってきました!

先日、整形リハ学会神戸支部の定例会に行ってきました。
 今回は手内在筋の触診ということで、掌側および背側の筋の触診を勉強してきました!

手関節から手根部の筋は細かく、筋単体を触診するにはかなり苦戦しました…
 手指の拘縮の原因を探すための検査やアプローチをする際にはとても重要であり、触診技術の必要性を再認識しました。
当院でも同様の症状の患者様もおられるので、触診や知識面でのスキルアップをし、患者様に還元できるように頑張り、患者様がより笑顔になってもらえるように頑張ります!

                        理学療法士 桂・段ノ上・澁谷・角屋

投稿日:2018年5月17日
PAGE TOP